システム開発会社からゲーム会社に転職する間に遊んだSCEの『ネットやろうぜ』

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

今の家に引っ越してきたときに
荷物を片付けていたときの話ですが…

 

パソコンもセットアップし
オーディオ環境も復活。

そのオーディオで音楽でも
聴きながら作業をしようと、

物置にしまってあったCDを
パソコンに取り込んでいるとき
こんなディスクが見つかりました。

ネットやろうぜ
ソフト開発用ディスク

というものです。

 

思わず、

懐かしい~😆

と声を出してしまいました。

 

ネットやろうぜとは、

プレイステーションの発売元だった
ソニー・コンピュータ
エンタテインメントが

一般の人向けにゲーム開発キットと
ネットワークを提供するという
1996年に開催された企画です。

ネットやろうぜWikipedia

 

一般の人といっても
プログラムやデザインなどを
勉強している人向けですね。

 

本体と開発キット合わせて
12万ぐらいしたのですが、

ゲーム作りがしたい~😭

ってウズウズしていた自分は
すぐに申し込みました。

 

その頃の給料で12万という金額は
決して安くはなかったのですが、

ちょうどゲーム制作会社に
転職を考えていた時期だったので

買うぞ!😫

と自分の背中を押せました。

 

開発キットと一緒に
スウェード風の手触りの

黒いプレイステーション

が手に入ります。

 

それをパソコンにつないで
プログラムを作って転送して
実際に動かして遊ぶわけです。

 

いざプログラムを作って
ゲームをプレイ!と思ったのですが、

サンプルプログラムといっても
簡単なものしかなくて、

昼は会社員を普通にやりながら
夜は家でプレイステーションのことを
調べながらプログラムをする…

というのは自分には不可能でした。

くぅ~せっかく手に入れたのに…😓

って感じでしたね。

 

今と違って、

ネットで調べれば解決する…

という時代でもなかったですし😅

 

また、作ったプログラムを
パソコンからプレイステーションに
転送するときのスピードが激遅💦

結局、面倒くさくなってきて
やらなくなってしまいました。

 

黒いプレイステーションは
ゲーム専用機になっていました。

 

 

その後、

ゲーム会社に無事転職でき
プレイステーションの
ゲーム制作に携わりました。

開発で使う機材はプロ用です✨

 

パソコンでプログラムを作り、

開発用のプレイステーションに
転送するまでのスピードが
まさに桁違いの速さでした📈

 

公式資料も充実していて
周りで一緒に仕事をするプログラマーも
プレイステーション専門の人ばかり。

情報も豊富にありました。

開発効率が段違いだったのは
言うまでもありません。

 

 

では、ゲームやろうぜで買った
開発キットが無駄だったのか?

と言われると、そんなことはなく…

 

黒いプレステが手に入ったし、

おまけ?として付属していた
LightWave3Dというソフトが凄くて

3D形状のモデリングも
できるようになったんですよ。

自分スキルアップができました✨

 

今はゲームが作れる環境や
高性能なコンピューターが
手頃な値段で手に入る時代です。

環境は最高ですね。

いい時代だな~

ってしみじみ思いますね🙂

 

まだまだこの先も、

いろんなものづくりを
やっていきたいなあ👍

 

それではまた。

 

最近はTwitterにも活発に
仕事のことを投稿しています。

フォローしてくださいね✨

@256design ←アカウント

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績115 ←2019年12月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!