生き残った言葉に魂が宿るんです

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

今日も打ち合わせ三昧でした。

僕が参加しないものもあって
会社全体で4件あったかな🙂

 

午後の社内ミーティングでは
キャッチコピーの話し合い。

赤尾さんが担当している
新規ホームページです。

 

ホームページって
キャッチコピーが大事。

伝わるかどうかって
ホームページの反応に
モロに関わってきます。

特に中小零細企業や
個人事業主さんは特にそう。

 

ダメなホームページの
代表として上げられるのは

キャッチコピーが
漠然としているページ

です。

 

たとえば、

明日の社会をクリエイト

未来の世界へいざなう
ソリューションパートナー

小さい会社では
こういうのはダメです。

実際に使ってる会社さんがあったらスミマセン

 

スケールが大きすぎ…

漠然としてぼんやり…

何をやってるのか
全然伝わらないのです😅

 

もちろん、

大手企業や上場企業なら
やってる仕事の幅も広いので

漠然としたスケールの
大きいものでもいいですよ。

 

でも、数人~十数人で
地域密着を売りにして
仕事してる会社さんの場合、

響きだけで作られた
キャッチコピーはダメ

ってことですね。

 

赤尾さんはひとつの
キャッチコピーのために
十数枚も案を出してくれて、

赤尾さん素晴らしい!

それを社内でもんでみました。

 

キャッチコピーに必要なのは、

✔見込み客にビビっとくる

✔具体的に伝わる

✔読んだときのリズムが良い

こういうところですね👆

 

たくさんの案を見ると
どれも合うのですが

案と案を組み合わせたり
それぞれの光る部分を
拾い集めたりして、

複数人で言葉を探していくと
どんどん精度が高くなります。

 

👧🏻この言葉はいいですね~

👩🏻これは極端すぎ…

👧🏻こういう言い方はどうかな

👩🏻あ、それいいですね

こんな会話をくり返しながら

わりと地味な作業ですが
大事な仕事なんです。

 

赤尾さんの作った案は
そのままでは使われなくても

それぞれの良いとこ取りで
一つの言葉ができあがります。

 

言葉で磨かれた
キャッチコピーの誕生✨

ですね。

生き残った言葉に魂が宿る

そんな感じなんですよ。

 

使われなかった言葉の
パワーを集めてできた
キャッチコピーで、

しっかりと集客につながる
ホームページになってほしい…😆

そう願っています。

 

皆さんのホームページに
書いてあるキャッチコピー

変更することがあるなら、

たくさんの案を出して
複数人で見直してみるのも
面白いと思いますよ🙂

 

それではまた。

 

最近はTwitterにも活発に
仕事のことを投稿しています。

フォローしてくださいね✨

@256design ←アカウント

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績115 ←2019年12月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!