優秀な人に来て欲しい!求人・採用ページに書くべきコンテンツ


「求人しているんだけど、なかなか興味もってもらえないんだよね、条件も悪くないと思うんだけどね~」

最近、企業の採用担当者さんから、よく聞く言葉です。

今回は、求職している人からの応募を増やす、求人ページ作成のポイントについて説明します。

求人方法の現状

数年前と比べて、求人に力を入れている会社が増えていることを実感していますが、多くの採用担当者さんが、応募の少なさを嘆いています。

実際にどのように人材を募集しているかというと、ハローワークに載せたり、求人サイトを利用したり、企業説明会に参加したりすることが多く、自社のホームページを有効に活用している会社は、まだまだ少ないようです。

自社ホームページの有効活用とは

自社ホームページを有効活用とはどういうことかといいますと、ここで働いたら、どんな生活が待っているのか?を上手に掲載することです。

待遇面や福利厚生面などは、ハローワークや求人サイトでも載せられますが、それ以外の部分の会社の雰囲気や空気感は伝えられません。

ですから、「この会社の話を聞いてみたいなあ」と思ってもらえるような内容をホームページの求人ページに載せる必要があるんです。

何を載せればいいの?

自社に来てほしい求職者に向けて、次の3種類のコンテンツを載せてみてください。

1.社員インタビュー

一つは、現在働いているスタッフのインタビューです。

どんなに職場の環境がすばらしくても、どんなに待遇や福利厚生がよくても、それが本当なのかどうか?は、実際に働いてみるまではわかりません。

ですから、すでにその会社で働いている、求職者の先輩にあたる人たちの生の声として、「自分は楽しく働けています」ということをインタビューして紹介することで、良い会社であることを証明するんです。

2.一日の様子

もう一つは、実際に働いている人が、どんなふうに1日の仕事をしているのか?1日の流れを紹介することです。

出勤は何時頃なのか?勤務時間中はどんな仕事をしているのか?退勤は何時ぐらいなのか?を、時系列で写真付きで紹介していきます。

ホームページをみている人に、自分が働いたときのイメージを具体的にしてもらうことで、分からないことへの不安を少しでも減らしましょう。

3.経営者からのメッセージ

3つめは、その会社の経営者からのメッセージです。

「うちの会社は、これこれこういう会社だ!」ということを簡潔にまとめてください。未来を感じさせつつも、しかも実現できる未来であることを伝えましょう。

カッコいい言葉や気取ったメッセージはいりません。なるべく求職者に向けて等身大でわかりやすく書いてください。

「この会社の経営者に共感できるな~」と、安心してもらえるようなメッセージを作ることが、問い合わせにつながります。

おすすめの方法

私がおすすめするのは、ハローワークやSNSで求人していることを大まかに知ってもらい、詳しい情報や会社の雰囲気などは、ホームページをみてもらう方法です。

優れた人材は、「自分が応募するべき会社なのか?」という気持ちで仕事を探しているんだなあと思って求人ページを作ることが大事です。

まとめ:待遇だけでは選ばれない時代だから会社の雰囲気を伝えましょう!

待遇や福利厚生だけでなく、会社の考えをや雰囲気を事前に分かっている応募者からの問い合わせが増えるといいですね!

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」とでますので、
「ホームページを見て電話しました」とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!