銀行からまだお金を借りたことのない事業主さんへ

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

今年初、鳥海山に登りました。

今回は秋田県の鉾立山荘から
鳥海湖を目指すルート。

上でおにぎりを食べて
帰ってくる予定です。

山に入ればものすごく静か。

岩をゴツゴツと歩く音が
心地いいんです🙂

山の上で食べるご飯は
また格別です👍

 

 

さて、

スマホで写真を撮りながら
登山の道中のことを
ツイートしてたら、

気になるツイートが
流れてきました。

 

藤田華鳳さん
という方のツイート。

現役銀行員だそうです。

 

おもしろくて、

休憩中に全部
読んでしまった🙂

 

事業を継続していくうえで
最も大事なのが、

お金💰

です。

 

ものを仕入れるにも
人に何かを頼むのにも、

お金がなければ
何もできませんから。

 

金に困ってしまうと、

どんなに素晴らしい事業も
前にすすみません。

 

恐いのが、

金のことが心配で
判断力が鈍ってくること。

まさに、

貧すれば鈍する

ってやつです。

 

 

藤田さんのツイートでは、
銀行員の立場で、
融資をするかどうかの判断の
裏側が紹介されています。

 

事業をやっていて、

これからお金を借りよう

と思ってる人に
役立つ内容だと思うので
紹介しますね👆

 

 

かつて地銀をディスっていた
とあるブロガーさんが、

今度は地銀に融資の相談に
行ってみたところ、

すぐにOKが出ず、

融資の審査に時間がかかる

ということをツイッターで
ぼやいていました。

 

それに対する藤田氏の
ツイートがスタートです。

藤田氏は融資と審査を
担当した経験を持つ方。

ディスられた銀行の方ではないと思います。

 

融資をする側の立場として
まずは、融資された金を
何に使うのか?

資金使途

が知りたいとのこと。

 

次にそもそも、

審査するべき
相手なのか?

を見極めるとのことです。

 

審査に時間がかかるのは、

営業日が少ないから…

とのこと。

審査までいかない場合は
もっと早く連絡くるかも。

 

確かに🙂

 

融資を受けるには、
決算書が必須ですが、

実は決算書は
そのままでは使えない

んだそうです😮

 

なぜなら、

粉飾

されてる可能性があるから。

 

反社会的勢力ではない

法令に違反してない

ことが大前提。

ほかにも、

官報

ネットにある公知情報

帝国データバンク

このあたりも見るそうです。

 

設備資金の場合は
さらに調べることが増える。

それらをクリアして初めて、

審査

に入れるんだそうです。

 

 

結論としては、

ちゃんと審査するから
時間がかかる

とのことですね👆

 

 

この一連のツイートを読んで
自分が思ったのは、

金はすぐには
借りられない

ってことと、

人がポイント

ってことです。

 

借りるのがなら、

融資していいかどうか
調べるのもです。

 

ニゴロデザインも
資金繰りに困っていたとき、

地元の信金の支店長さんが
いろいろと話を聞いてくれて、

融資をしてくれたときは
本当にありがたかった~😭

 

経営がうまくいってなくて
金が必要なときって、

精神的にキツいですからね。

 

相談にのってもらえるのは
本当にありがたいことでした。

 

昔を思い出します。

 

 

あと、

銀行の担当者さんが
会社に来るとき、

👦🏻社長のブログも
読んでますよ~

と言われたことも
ありましたね。

 

そう考えると、

ブログをちゃんと書いて
自分の考え方を外に出す

って大事だなと思いました。

 

書くべき内容もね🙂

 

ツイッターには、
金融機関に勤めている
人のアカウントが
けっこうあるので、

フォローしておくと
いいと思いますよ。

 

お金をこれから
借りる予定の方の
参考になれば幸いです。

 

それではまた。

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績106 ←2017年10月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ