ホームページに潜む問題を洗い出す方法

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

先週末、お客様のR様が来社。

ホームページの反応が
減ったということで、

詳しく話を伺い
今後の対策を考えました。

 

R様は、

検索順位も下がっていない。

ホームページの
アクセス数も減ってない。

でも、来店が減った📉

という状況です。

 

それじゃ
不安になりますよね。

ここを改善できるか・できないか

ホームページを作る会社の
腕の見せ所です💪

しびれます。

 

ホームページがうまくいってない!

こういうときに思わず
やってしまいがちなのが

リニューアル

です。

 

でも、リニューアルって
何となく気分はすっきりしますが
時間とお金がかかります。

それで改善しなければ、
目も当てられません😱

 

それよりは、

今のホームページを活かしつつ、

ちょこちょこ修正

このほうがいいですよ。

お金も時間も
あまりかかりませんし✌

 

来店型の事業のホームページを
改善するポイントですけど、

簡単にまとめると、
次の順番で考えるのがいいですよ✍

 

1.そもそも利用者がいるのか?

利用者とはお店に来てくれる
お客さんのことです。

お金を払って利用する人がいる
サービスってことは大前提です。

 

2.アクセス数がちゃんとあるか?

アクセス数が少なければ
内容を変えるよりも先に
SEO対策が必要かもしれません。

SNSでシェアしたりして、
まずはホームページを多くの人に
見てもらいましょう。

 

3.ホームページを見て行きたいと思うか?

ホームページの伝え方を間違うと
お店に行こうって思われません。

キャッチコピーや写真や文章など
中身の修正が一番効果的。

 

この順番です。

 

R様の場合、

利用者さんはこれまでもいたし
アクセス数も落ちてないので、

問題は

3 → 行きたいと思うか?

にあると考えました📊

 

実はR様は、

この地域で
事業を始めたのが早く、

年月とともに
業務内容が増えています。

それと比べて、

新しく事業を始めた競合は
事業内容がシンプル。

 

そのため、

新しく事業を始めた
競合と比べると

いろいろとやってる分、

専門性が低いように見えるんです。

となると、

専門性が高く見える競合に
お客さんが流れやすいんですね。

 

飲食店に例えるなら、

蕎麦の他に、
うどん、ラーメンが食べられる店

と、

蕎麦だけが食べられる店

の違いのようなものです。

わかりますか?

 

というわけでR様の改善点は、
専門性をあらためて見直して、
伝え方を変えること。

なんでも屋に見えるものを
専門店に見えるようにします。

 

R様もそれに気づいていたようで
どんな対策をするか話が早かったです😀

 

反応が上がるまで、
もうしばらく時間はかかりますが

まずは今週あたり
写真の撮り直しをしてみます。

早く安心してもらいたいです。

 

もし、

ホームページの反応が落ちた!

と思ったら、

1.そもそも利用者はいるのか?

2.アクセス数がちゃんとあるか?

3.ホームページを見て行きたいと思うか?

この順番で、
ホームページに潜む問題を
洗い出してみましょう。

参考にどうぞ。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

それではまた。

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績106 ←2017年10月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ