結果の出るホームページを作り上げるための大事な考え方


ホームページって、アクセス数を気にする人は多いんですけど、『どのぐらい反応があったか?』を気にする人はあまり多くないです。

ホームページで集客をするには、どのぐらい反応があったか?のほうが大事なんです。

ホームページのアドバイザーとしての仕事

こんにちは、ニゴロデザインの高橋です。

ホームページ制作の仕事を始めてから、最初の頃は、ただ作るだけの仕事をしていました。でも、ここ数年は、これまでとは違った仕事も依頼されるようになりました。

どんな仕事かといいますと、ホームページのアドバイザー的な仕事です。

アドバイザーって何するの?

アドバイザーといっても、何か資格があるわけではないです。

具体的にやることといえば、効果的なホームページを運営するために、ホームページ全体の構成、ページ内の文章の大切さ、キャッチコピーの作り方などを、アドバイスするのが主な仕事です。

 

アドバイスをするときは、依頼者さんの企業を回ったり、ニゴロデザインにお越しいただいたりしています。

もともと内気な性格なので、人前で上手に話すのは得意なほうではないですが、一生懸命にやることを心がけて、制作の仕事と同じように、丁寧に真摯な気持ちでアドバイザー業務をしています。

アドバイザーとして必ず話すこと

ホームページのアドバイザーとして必ず話していることがあります。

どんなことかというと、

「アクセスばかり増やしても、あまり意味がありません」
「ホームページに来た人からの反応を増やしましょう」

ということです。

アクセス数を気にしている人は多いが、反応を気にしている人は少ない

ホームページって、アクセス数を気にする人は多いんですけど、『どのぐらい反応があったか?』を気にする人は、実はあまり多くないんです。

たとえば、こんな質問はどうでしょうか?

1日に1000人が見ているホームページと、1日に100人が見ているホームページ、どちらが良いホームページだと思いますか?

普通なら、1000人が見ているホームページのほうが良いと答えると思います。

 

でも、1日に1000人見ていて誰からの反応がないホームページと、1日に100人見ていて一人から問い合わせがあるホームページで比較するとどうでしょうか?

アクセス数に対する反応の率でいえば、0パーセントと1パーセントですが、この反応が無いのか?あるのか?そこが一番大事なんです。

ですから、1日に100人しか見ていないけど、問い合わせがくるホームページのほうが商売に繋がるので、良いホームページと言えるんです。

アクセス数を増やすことに注力しない

反応がないページに、facebook や twitter で人を連れてきても、PPC広告で人を連れてきても、もともと反応がないページなら、見る人の数を増やしても効果は薄いということです。

ですから、最初に手を付けるのは、『いかにして、反応を増やすかを考えましょう!』と、説明するようにしています。

アクセス数を増やすより、反応アップのほうが取り組みやすい

自分の経験上、アクセス数を増やすより、反応アップの取り組みのほうが、お金がかからず、やりやすいと思います。

なぜかというと、反応アップの取り組みは、あなた一人がホームページをいじれば済むからです。

反応アップの取り組みは、全体の構成を見なおしたり、キャッチコピーを見なおしたり、足りない文章や画像を増やしたり、逆に文字数を削ったり…こんなところに手間をかけていきます。

トップページに笑顔の写真を追加しただけで、反応が上がることもあるんですよ。

まとめ:ちょこちょこ書き換える時間を持ちましょう

反応をアップさせるための取り組みは、今あるページをリニューアルするのではなくて、ちょこちょこと書き換えるだけで大丈夫。書き換えたら、しばらく反応が増えるかをみる。

書き換えには数分〜数時間を充てるだけでいいです。

たったそれだけなんですが、少しずつ効果が変わってくるんです。そう考えると、ホームページ、もっといじりたくなりませんか?

せっかくのホームページ集客、効率的に楽しくやっていきましょう。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」とでますので、
「ホームページを見て電話しました」とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!