照明が壊れてきたので思い切って壁面を照らす方式に変えてみた

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

会社に荷物が届いたので
ダンボールを開封しました。

LEDの照明です。

 

実はこちらの天井の照明が
徐々に壊れてきてまして…

新しい蛍光灯を取り付けても
すぐにダメになっちゃうんです😰

 

なんか部品を交換すると
けっこうお金もかかるらしく

👤全部LEDにしてみては?

と言われちゃうんですよね。

 

本体ごとLEDにすると
けっこうなお金がかかる…

ということで

この事務所に引っ越してきたときに
天井に取り付けてもらった

ダクトレール

こちらにダクトレール用の照明を
付けることにしたんです。

 

そして取り付けした後がこちら。

メインが間接照明になったので
全体的にふんわりとした
雰囲気のオフィスになりました。

壁を照らすタイプの照明は

ウォールウォッシャー

と呼ぶそうです。

 

時間帯も季節も違いますが
以前の天井の照明と比べると
イメージがだいぶ違いますよね?

 

壁が明るくて光の反射で
天井もぼんやりと明るくなるので
しっとりした雰囲気が出ます。

 

まあ、これも好みの問題ですね。

 

あと皆さん色温度って言葉を
聞いたことはありますか?

✔クールな色は色温度が高くて

✔暖かい色は色温度が低い

そんな感じです。

 

引用:パナソニック

電気屋さんに行くと
3種類ぐらいの照明が
置いてありますよね。

電球っぽい色だったり
青白い光の色だったり。

色温度はその色を
数値にしたものです👆

 

今回は温白色というタイプを
取り付けてみました。

※これまでの蛍光灯も温白色でした

 

これを画像加工ソフトで
色温度を変えてみますね。

 

色温度が高い場合。

さわやかでスッキリとして
仕事に集中できそうですよね。

照明でいうなら

✔昼光色

✔昼白色

を買うとこんな感じになります。

 

そして…

 

こちらが色温度が低い場合。

穏やかで温かい雰囲気になるので
仕事には集中しづらいかな?

照明でいうなら

✔電球色

を買うとこんな感じになります。

 

比較するとこんな感じ。

雰囲気って照明で
けっこう変わりますよね。

 

あと蛍光灯からLEDにしたことで
電気代も変わってくるかな?

LEDにする前とした後で
比較してみようと思います💰

 

職場だけじゃなくって
自分の仕事部屋なんかも
照明を変えると面白いですよ。

何かの参考になれば。

 

それではまた。

 

最近はTwitterにも活発に
仕事のことを投稿しています。

フォローしてくださいね✨

@256design ←アカウント

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績115 ←2019年12月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!