フォントで勉強のしやすさが変わるらしいですよ

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

パソコンで文章を作るときに
皆さんどんなソフトを使いますか?

ワード?

エクセル?

パワポ?

人によっていろいろ
得意なソフトがあると思います。

 

文章を見やすくするためには

文字の大きさを変えたり

文字に色をつけたり

文字を太くしたり

書体を変えたりしますよね?

 

はい🙂

 

で、その書体のことを

フォント

と呼ぶのはご存じかと思います。

 

ちょっと前のことですが
奈良県生駒市から
こんな資料が出されました。

引用:奈良県生駒市ウェブサイト

 

簡単に説明すると、

UDフォントという書体を使って
児童にテストしてもらったら

一般的な教科書体と比べて

最後の問題まで
たどり着く子が増え✍

正答率も上がった📈

というものでした。

 

フォントで結果が変わるなんて
おもしろいですよね。

 

で、生駒市教育委員会は、

文字の形が分かりやすくて
読み間違えにくいので

UDフォントを使って
学習意欲と学力の向上

を目指すんだそうです。

 

興味深い試みだなあ。

こういうチャレンジって
僕は大好きです😀

 

一般的な教科書体と
よく使われるゴシック体との
比較が分かりやすい図がこちら

引用:奈良県生駒市ウェブサイト

 

引用:奈良県生駒市ウェブサイト

なるべく手の動きに沿った
文字の形になっていて、

左右反転した形状にならない
ように配慮されています。

 

 

UDフォントのUDとは

ユニバーサルデザイン

のこと👆

 

✔より多くの人に見やすく

✔より多くの人に読みやすく

✔より多くの人が間違いにくく

✔より多くの人に伝わりやすい

 

ポイントは

より多く

ですね。

決して100%ではないのです。

 

人によっては、

これまでどおりの教科書体や
ゴシック体のほうが読める…

そういう場合だって
もちろんあるわけですが、

※実際に否定的な意見もある👎

 

ただ、このツイートのように

明朝体が苦痛の人も
いるんだそうです。

知りませんでした。

 

ディスレクシアについては
こちらを参考にしてね👆

 

そんな人たちが

フォントによって
読みやすくなる

こういう優しさからくる
取り組みっていいものです🙂

 

 

フォントの作者さんの
ツイートにもこんなのが。

素敵じゃないですか😆

あったかい。

デジタルで表されるものに
人のぬくもりを感じました。

 

UDデジタル教科書体提供開始

このフォントについては
こちらを参考にしてください。

 

人に優しい世界って
いいものですね✨

 

それではまた。

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績106 ←2017年10月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!