ホームページ制作の見積もりが高くなる原因はこれ

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している
ニゴロデザインの高橋です。

今日もブログをお読みいただき
ありがとうございます。

 

最新の制作実績はこちら

お待ちいただいていたお客様の
ホームページ制作に専念しておりまして
新規制作はお請けしておりません

詳しいことをこちらに書きました。

代表の高橋の自己紹介

 

今週も土日は
仕事していました。

二つのホームページの
仕上げをしていました。

全然休んでない…😓

でも好きな仕事だから
いいんです。

好きなことが仕事で
幸せですね…

 

先日もありがたいことに

新規ホームページ制作の
相談をいただいたんですが、

とりあえず見積もり
出させていただきました。

 

ホームページ制作の
見積書って
もらったことありますか?

いろんな項目が並んでいて
意味が分からないことも
けっこうありますよね。

 

 

ホームページの
見積もりの大部分は

人件費🏋🏻

です。

 

サーバーを準備する

ドメインを取る

取材をする

文章をまとめる

使う画像を撮影する

画像を加工する

全体のデザインを作る

システムを作る

制作全体を管理する

 

こんなところですかね。

 

なので、
基本的には

人が作業に費やす時間が
長ければ長いほど、

見積もり金額は
高くなります。

 

1日でできる作業より
1週間かかる作業が高い

当たり前ですが
そんな感じですね。

 

なので、
一番避けたいのは、

スケジュールの遅れ

です。

スケジュール遅れは
お客様にも自分たちにも
何一つ良いことがありません。

 

 

見積もりを出す側の
立場で言うと、

やる内容が
はっきりしているかどうかで、
金額は変わります。

 

👦🏻5ページにそれぞれ
1枚ずつ写真を載せたい

っていう要望と、

👦🏻5ページにそれぞれ
何枚かずつ写真を載せたい

っていう要望では
どっちが高くなると思いますか?

 

 

そうです✊

後のほうです。

 

理由は

数量が明確じゃないから

です。

 

数量がアバウトだと、

作業に費やす時間が
どのぐらいになるか?

もアバウトなので、

制作側は、

👤多くてもこのぐらいかな?

👤赤字にならない金額は
だいたいこのぐらいかな?

っていう見込みで
見積もり金額を
出すようになります。

 

そうすると、

全体的に見積もり金額が
アップしてしまいます。

 

なので、

見積もりをもらって、

ちょっと高いかな?🤔

って思ったら、

アバウトになっている部分を
明確にしていくのがコツです。

 

あとは、

全体の作業が
減らせるような相談をする。

 

📸写真は制作側の
スケジュールに合わせて、

必要な分は自分で
撮影するから、

撮影は一切不要。

 

✍文章は制作側の
スケジュールに合わせて、

必要な分は自分で書くから、

取材もとりまとめも
一切不要。

 

こんな感じです。

 

あとは、
お金を全額前払いするから、

ちょっと値引いてもらう📉

っていう相談もありですね。

 

 

見積もりに関することって、

制作側の決裁権を持ってる人の
承認も必要なんですけど、

制作側が小規模で、
決裁権を持ってる人と
直接やりとりできるようなら、

話はまとめやすいですよ。

 

ホームページの
大半は人件費。

内容がハッキリしないと
高くなる。

参考にどうぞ✍

 

それではまた。

 

ホームページを作りたい
SEO対策もしたい
Googleマイビジネスも取り組みたい

でも、誰に頼めばいいのかわからない…

制作実績 136件実績一覧

集客と採用に強いホームページは
ニゴロデザインにお任せください。

公開日 2017年12月11日 最終更新日 2017年12月12日