年配の親とLINEするときに大切なこと

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

昨日のブログにも書きましたが
父が亡くなり本日が葬儀でした。

昨日のお通夜から今日の葬儀と火葬。

無事送ることができました。

 

喪主は僕だったのですが
とにかく何もわからない状態。

本当にゼロからでした。

 

時間が無限にあるわけでもなく
通夜と葬儀の日時を決めたら

✔相談

✔判断

✔行動

動き続けるのみです。

 

実務的に進める部分もあれば
宗教や地域の風習なんかもあって

効率化すればいい

みたいなものは皆無です。

※効率化できそうなものもけっこうあったけど

 

とにかく頼りになるのは

✔葬祭場のスタッフさん

✔冠婚葬祭に詳しい親戚

✔地域で顔の利く親戚

この方々です。

 

あとは人それぞれだと思いますが

✔若くて話しやすい和尚さん

✔実家の地域にいる友達

✔喪主を経験してる妹の旦那さん

✔よくしゃべる妹

✔細かいこと全部を支えてくれる妻

この人たちが自分の場合は
すごく力になりました。

 

僕は仕事人間でもあるので
ただ葬儀の準備をしてるというより

✔何もわからない素人目線の経験

✔段取りの引き継ぎ方

✔確認の大切さ

こういうのを実例として学びながら
準備に向かっていました。

 

ある程度流されるままでも
時間が経ってどんどん通夜も葬儀も
準備が整っていきますね。

周りはプロの人たち。

準備はすごく忙しいですけれども
父を偲ぶ時間もけっこうとれます。

ありがたいです🙏🏻

 

喪主の挨拶をさせてもらいましたが
しゃべってる間に父のことが
頭を駆け巡って言葉が出なくなりました。

 

ばばちゃん(父の母)と撮った写真

親戚が持っていた昔の写真で
2歳ぐらいの僕みたいです。

 

父と撮った写真って
ほとんど無いんですよね。

 

 

僕には一番の心残りなことがあって
それは何かと言いますと

父とのLINE

です。

 

入院したときでも便利かな?と思い
スマホに換えた父とLINEを交換。

回数は多く無かったですけど
やりとりをしてたんですよ。

 

✔画像を送ってくれたり

✔スタンプを送ってくれたり

 

でも、仕事が忙しいときや
気が向かないときなんかだと
既読スルーすることが増えてきて…

 

今、それを読み返してみると
父が何かを伝えようとしてるのに
全部無視してるわけですよ。

 

ものすごく堪えますよ…

 

もうやりとりを再開することも
父の要望に応えることもできない。

 

本当に後悔ばかりです。

 

LINEのやりとりを残したくて
スクショを撮ってますけど
読み返すと涙ばかり出てきます。

 

なので、年配の親とLINEなんかが
つながってるんだとしたら

一言でもスタンプでもいいから
ちゃんと返信をしておく

これは絶対にやってほしいです。

 

それではまた。

 

ホームページを作りたい
SEO対策もしたい
Googleマイビジネスも取り組みたい

でも、誰に頼めばいいのかわからない…

制作実績 136件実績一覧

集客と採用に強いホームページは
ニゴロデザインにお任せください。

公開日 2022年6月21日 最終更新日 2022年6月23日