コンピューターを使ったものづくりのルーツを振り返る

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

実家に来ると思い出すのが

あ~ここで毎日わくわくしながら
ゲームのプログラムを作ったな~
🙂

ということですね。

 

あの頃は純粋に作ることが楽しかった。

 

僕が小学校5年生のころ
当時格安で買えたコンピューターが

MSX

というパソコンでした。

マイクロソフトのOSが入ってて
日本の家電メーカーもいろんな
機種を出してたんです。

 

それまでのパソコンっていうのは
やっぱり数十万円っていうのが
当たり前だったんですよ。

子どもが欲しいって思っても
親だってすぐに買ってあげられる
価格のものではなかったです。

 

で、そんなときにカシオが
他の家電メーカーのMSXよりも

29,800円

という断然の安さで発売したので
もう驚いたものでした。

あ、おれも買ってもらえるかも😀

みたいな。

 

👩🏻ファミコンはゲームしかできないけど
パソコンなら勉強になるらしいからいいよ

っていう親の考えもあって
自分のお小遣いを減らしながら
パソコンを手に入れました。

 

毎日毎日ゲームのプログラムの
ことばっかり考えていたので

✔視力が落ちる

✔学力が落ちる

✔ひきこもる(大げさだけど)

こんな感じになってました。

 

ただ、それと引き換えに得たものは

✔作ったもので人に楽しんでもらう喜び

✔自分が何もしなくてもパソコンが
自動的に何かを動かしてくれる体験

✔絵と音を自分で制御する
ちょっとしたディレクション力

これらが身についたんですよね。

 

そして

特別なことをしてる!😆

ってぼんやりと感じていました。

 

今はコンピューターが世の中に普及して
インターネットでつながるのが当たり前。

生活の完全なインフラになってるので
コンピュータ-を使ったものづくりって
特別なものではなくなってますよね。

 

仕事でプログラムをするのは
プレッシャーや責任感も違います。

しんどくなるときや辛くなるときも
ときどきあったりします。

 

そんな仕事に追われる今だからこそ
用事があって実家に来るたびに
子どもの頃の感覚を思い出すんですよね。

楽しいことに夢中だった自分

部屋に子どもの頃の自分がいます。

 

仕事になったからこそ大変な
コンピューターでのものづくり。

 

たくさんの大変さに覆われた
その一番の中心には

楽しさ

これがいつも輝いてます。

 

これを失わないかぎり自分はこれからも
このものづくりの仕事を続けていけます。

そして、周りにもものづくりの楽しさを
伝えて行けたらいいなって思います。

 

それではまた。

 

ホームページを作りたい
SEO対策もしたい
Googleマイビジネスも取り組みたい

でも、誰に頼めばいいのかわからない…

制作実績 136件実績一覧

集客と採用に強いホームページは
ニゴロデザインにお任せください。

公開日 2022年6月18日 最終更新日 2022年6月22日