在宅勤務について考えてみる

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

昨日の寒波はすごかったけど
今日は風も落ち着いてよかった。

でも道路はツルッツルで
帰り際はこんな感じでした

 

道路がスケートリンク😱

なんて昭和?大正時代から
使われてそうな表現ですね。

 

で、昨日から在宅勤務してた
スタッフは今日も在宅勤務でした。

 

朝からLINEがあって

👩🏻今日も在宅勤務でも
大丈夫でしょうか?

というメッセージが届いて、

僕も元からそのほうが
良いと思っていたので

大丈夫ですよ

と返信しました。

 

でも、在宅勤務ってまだまだ
一般的でないっていうのがあって

在宅勤務を利用する側は
遠慮してしまいがち

なんだろうな?って思います。

 

 

僕の肌感覚で言えば
チームでの仕事の能率や効率は

出社 > 在宅

こうかな?って感じ。

 

会社の制作環境は
常に改善させています。

 

画面の枚数だったり

 

空間の余白だったり…

周りの人とのコミュニケーションを
とりながら制作する用途に
特化させています。

 

 

で、仕事をする人への
ストレスのかからなさは

出社 < 在宅

かな?って想像しますね。

自分が家でやっててもそうです🤔

 

やっぱり家から出なくていいって
だいぶ気持ちが楽じゃないですかね。

 

冬場は特にこんなところ
移動したくないですしね。

事故の確率も減らせる。

 

あと

会社にかかってくる
電話に出なくていい

これも大きいかもしれません。

 

 

現時点での僕の考えは

出社 > 在宅

なんですよ。

✔コミュニケーション

✔スキルの共有

これがどうしても
みんな出社してるときのほうが
とりやすいんですよね🤔

その上で、

在宅勤務も気兼ねなく
利用してもらえるようにしたい…🙂

そんな感じですね。

 

 

まとまらないながら
まとめてみると、

完全な在宅勤務をする場合は

仕事の成果を落とさず
コミュニケーションがとれて
ストレスも減らせる状態

この環境をいかに
実現できるかがポイント。

 

一時的な在宅勤務をする場合は

仕事環境が持ち運べて
1日単位でも利用できる

この環境があればオーケー。

 

考えれば考えるほど当たり前の結論になる

この状態を作ることで
会社も働く人もハッピーに
なれるのだと思います。

 

ルールをさらに整備して
手続きを仕組み化したい。

うーーーーん🤔

スタッフの意見も聞きながら
もうちょっと考えてみよう。

 

あ、

別に今の時点で在宅勤務で
困ってるわけじゃないです。

在宅勤務自体は2018年から
スタートさせていたので
それなりにスムーズだとは思います。

 

それではまた。

 

最近はTwitterにも活発に
仕事のことを投稿しています。

フォローしてくださいね✨

@256design ←アカウント

音声配信も始めました。

stand.fm
spotify

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績116 ←2021年12月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!