同じ家賃で2倍稼げてしまう単純な方法

こんにちは。

酒田市・鶴岡市の事業主さんを
ホームページ集客で応援している

ニゴロデザインの高橋です。

 

久しぶりに20時半ぐらいまで
会社に居残っていました。

昔は23時とかまで平気でしたが
最近はちょっと避けたいかな…😅

昼に気力を使い果たしてるので…

 

まだ、僕がサラリーマンを
していた頃の話ですが

仕事を終えて帰る準備をしながら
ふと思ったことがあります。

 

この机ってこれから夜の間
誰かが使えるよなあ
🤔

昼は自分が使い
夜は別の誰かが使う

ということですね。

 

実行すれば、単純な計算では
仕事が2倍進みますよね。

昼・夜と同じ仕事をすれば
半分の期間で納品できますし、

別々の仕事をすれば
物事が平行に二つ進みます。

 

つまり、

場所にかかる家賃は変わらず
2倍稼ぐことができる

ということになります👆

 

 

でも、実際のところ
それはなかなかできません。

 

✔夜に人を雇ってしまうと
深夜割増の人件費で割高

✔夜はお客さんとの
打ち合わせができません

✔夜働くのはイヤだな…
という人も今の時代は多そう

 

👤あの会社いつも夜に働かせてるよ
なんか普通じゃないよね?

っていう世間の目もあります😓

 

メリットだけじゃなく、
デメリットも思い浮かびますね。

 

ただ少し目線を変えてみると

時間・空間の有効利用

はできそうですね。

 

✔掃除は昼に人間が行うのではなくて
夜、お掃除ロボットにやってもらう

✔夜しか開けていない居酒屋を
ランチ営業したい人に貸し出す

✔平日は開発業務をしている場所を
休日はプログラミング教室に使う

 

いろいろと思いつきます🙂

 

インドのIT業界が
急激に躍進したのは

時差12時間という

アメリカのちょうど反対側に
インドがあるからだそうです😮

 

アメリカが昼に仕事をしたら
夜はインドに仕事を頼む。

アメリカが夜でもインドでは
仕事がバリバリ進みます。

開発期間が大幅に短縮される

というわけです👆

 

大規模で大胆な発想ですが、
時間と場所の特徴を生かした
素晴らしい仕組みだと思いました✨

 

その発想を身近なところで応用して

昼に使っているこの場所を
夜に有効活用できないか?

昼にやっているこの作業を
夜にやってもらえないか?

そんなことを考えるのも
面白いと思います。

 

皆さんのところでも
応用できないでしょうか?😀

 

それではまた。

 

新規作成も!リニューアルも!
ホームページ集客
お任せください!

詳しい内容は、制作料金のページ にて。

制作実績106 ←2017年10月現在

集客につながる更新を応援する
ニゴロデザインまで!

☆ ネットで簡単お見積もり ☆

 

お電話での問い合わせ
TEL 0234-25-5313

メールはこちらから

しつこい営業は一切いたしません!