印刷じゃなくって染めなんです!酒田の斎染(さいぞめ)さんで手ぬぐいを染めてきました!

ものづくりって楽しいですね~。

20160324140008

今日は酒田市南新町の斎藤染工場さんに行ってきました。斎藤さんは『斎染』というオリジナルブランドを作って、オリジナルの染め商品を作っています。

ギャース!

20160324141613

今回は新しいデザインの打ち合わせをしました。主役は彼になりそうです。

まずは、ニゴロデザインがサンプルのイメージを作るところからですね。やっぱり見てみないとイメージがわかないですから。ご期待に添えるようがんばります。

打ち合わせ自体は30分ぐらいで終わり、続いて手ぬぐい染め体験です。

20160324142133

まずは、職人斎藤満さんから、捺染(なせん)についてのレクチャーがありました。

20160324141932

斎染さんで使っている染料は、こんな感じてトロ~っとしてるんです。

20160324142003

この段階での染料は黒っぽいんですが、実際に染めあがったものは、きれいな抹茶色になったりするんですよ。

20160324150054

こんな感じになります。いい色~。

説明の後は、いよいよ染め体験です。

まず、斎藤さんご夫妻が、お手本を見せてくれました。

20160324142239

ピアノ柄の染料が青い台の上にあるのが見えますか?

驚いたのが、捺染で手ぬぐいを作るときは、下の台?に染料をおいて、そこに生地を置いて写し取るということでした。イメージと全然違いました。

その上から、もう一度染めます。

20160324142638

表と裏を染めたら、お隣の部屋で干します。

でも、これで完成ではなくって、ここから色止めをして、水洗いして、乾燥させて、シワをのばす工程があるんだそうです。

思っているより3倍ぐらいの手間があるんだと思いました。

20160324143440

いよいよスタッフが実践です。まずは青塚から。

20160324144539

続いて、白崎。

20160324145144

このスキージという専用の道具を使って、生地に染料を置いていきます。

手ぬぐいは小さいサイズですが、大きい神社幕なんかも同じ方法で、無心で一気呵成に染めるんだそうです。

20160324145219

二人の共同作業が終わりました。

うまく両面染まっているかな?

20160324145300

よい感じです。

出来上がったものは後日いただけるとのこと、ありがとうございます!

普段はデジタルの制作をしているので、こんな風に品物として出来上がるのは、また格別ですね!

斎藤染工場さんは、酒田に一軒しかない染め職人さんの工房です。オーダーメイドももちろん可能です。(っていうか、そちらがメインです)

印刷では出ないぬくもりは、やっぱり本当の染めならでは。のれん、はんてんなど、人の肌に触れるものは「染め」がいいんじゃないでしょうか。

興味がある方は、下のホームページをご覧ください。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ