インターン経験者の声 公益大 内藤さん

きっかけ

私がインターンシップに参加した理由は以下の3点です。

  1. 将来イラスト関係の仕事に就きたいと考えている
  2. 人見知りである性格を直したかった
  3. インターンシップを通じて企画力やプレゼンテーション力を向上させたい

以上のことから、株式会社ニゴロデザイン様を志望しました。

感想

初めてのインターンシップということでとても緊張していましたが2日目くらいからは緊張もなくなっていた気がします。今回は3年生の先輩と2人でのインターンシップでした。
具体的なインターンシップの内容は2人で「初対面の人同士でも仲良くなれるようなゲームをつくる」というものでした。

3日目にスタッフさんとテストプレイを行いましたが改善する点が多く上げられました。特に自分でも図や色味が足りていなかったと思いました。そこで使う道具にはほとんど色を付けたり、説明文をずらずらと書くのではなく絵や図を使うことにしました。自分たちでテストプレイをすることはできませんでしたが、もし自分がすごろくをするなら改善後の方がやってみたくはなる程度には仕上げることができたと思いました。

2人で作るということで意見が合わないときなどありましたがスタッフさんがミーティングやファシリテーションを取り入れてくださったおかげでゲームを作り上げることができたと思います。一からゲームを作るという貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。

これからインターンシップを考えている方へ

ぜひやってみたほうがいいと思います。私のように人見知りの方やコミュニケーションをとるのが苦手な方でも話しやすい環境を作っていただけます!

また、私のようにイラスト関係の仕事に興味がある方あるいはプログラミングに興味がある方は専門的な知識も学べるかもしれません。デジタル初心者の私にも一から教えていただけます!

1番はスタッフさんが優しいことです!何か作る中で分からないことや不安なことがあったらすぐに相談することが大切です!親身になって答えてくれると思いますよ。