インターン経験者の声 酒田南 本田さん

このインターンシップに参加した目的や目標

僕がニゴロデザインさんの会社でインターンシップに行く目的や目標は、僕の将来の夢がゲームクリエイターでゲームソフトを開発することなので、パソコン関係の仕事の経験を積み、やりがいを見出してお金をいただく大変さと大切さを経験しようと思ったからです。

インターンシップで体験させていただいた内容

このニゴロデザインさんで体験した内容は、8月7日の火曜日の初日では、自動車教習所を選ぶ基準と、自動車教習所に通う上での不安や心配なこと、そして出羽自動車教習所さんのLINEのアイディアをパソコンのワードに書いて6枚印刷して、出羽自動車教習所さんの所に行きLINEについての事や、どんなものを置けばいいのかを話し合い、僕や渡部君も意見を言ったりしました。

8月8日では、スタッフインタビューで、ニゴロデザインのスタッフの皆さんにインタビューをして、メモをした内容をパソコンに書きましたが、その日までにスタッフの皆さんが仕事している写真は、撮れませんでした。

最終日では、8日に撮れなかったスタッフの皆さんの写真を撮らせていただき、インターンシップに参加した感想などをパソコンにまとめ、仕事をしている僕らの写真などをニゴロデザインさんのホームページに掲載する作業を僕らがしました。

インターンシップに働かせもらっての感想

僕は、このニゴロデザインさんの会社で3日間、仕事の体験をさせていただき、仕事の大変さや大切さを学びました。

学校では、僕の家族から学校にお金が入って学校の先生方は僕たち生徒に勉強を教えますけど、会社さんの方では、学校とは真逆なので自分から進んで仕事をして、会社さん側からお金をもらうことを教わりました。

僕が、社会に出て就職したら自分から進んで仕事をしたり、初めての仕事で分からないことは、他の職員さんに聞いて、決して会社の仕事に慣れてきても、相手さんにタメ口で喋ってはいけない、質問するときには質問する内容を明確にし、「分からないことは分からないままにしないで」という、高橋さんとスタッフの皆さんのアドバイスを忘れずに、仕事に勤めようと思いました。

今後の将来への抱負

このニゴロデザインの会社の皆さんのことやインターンシップで学んだことを、今後の大学と専門学校や就職活動、社会活動に生かし、スタッフの皆さんのような仕事を一生懸命に頑張り、与えられた仕事だけでなく困っている仕事を手伝えるような大人になれるように頑張ろうと思いました。