インターン経験者の声 産業技術短期大学校庄内校 船見さん

インターンシップでここに来たきっかけ

自分の通う山形県立産業技術短期大学校では毎年インターンシップをやっており、そのインターンシップをするとなったときに、自分がホームページ作成などに少し興味があったのと、学校の講義に講師としてニゴロデザインさんの方々が来て下さったこともあり、今回インターンシップをしてみようと思いました。

インターンシップで知りたかったこと

今回インターンシップをする上で知りたいと思っていたことは、普段どのような風に業務を行っているのかなど仕事をしている時の社内の雰囲気についてでした。

ホームページ作成などを行う際にもどのように作業を分担して行っていくのか、実際に仕事をしている時の雰囲気について直接知ることのできる機会はなかなかないので、この貴重な機会にしっかりと感じ取っていきたいと考えていました。

インターンシップの内容

インターンシップで行った内容は、婚活を題材としたゲームの企画・作成です。題材が婚活で楽しめるゲームということで、多くの初対面の方がどうすれば盛り上がることができるのか、親交を深めることができるのかを中心に考えていきました。

作ってみての感想としては、初対面の人、人見知りをする人も一緒に盛り上がれるゲームを企画することは難しく、特にゲームの中にも婚活に関係しながらも盛り上がれる要素を入れていくことには苦労しました。しかし、テストプレイなど改善を進めるうちにゲームの内容がどんどん良くなっていくのがわかり、それがやりがいにもなってとても充実した実習になったと感じました。

感想

今回インターンシップをしてみて、最初は緊張や不安もあったのですが、ニゴロデザインさんの方々が気さくに声をかけてくれたりしたので、不安などはなくなり、すごく良い雰囲気でインターンシップをやっていくことができました。

またなかなか体験できない業務や普段は見れない作業風景もみることができたので、多くのものを得ることができた有意義なインターンシップになったと思います。

最後に

これからインターンシップを考えている人にはぜひインターシップをおすすめします。

インターシップをすることで会社について得られる情報はとても多く、気になっている会社に対して自分が不安に思っている事を払拭できたり、自分に向いていると思う仕事ややりたいと思える仕事を見つけるチャンスだとも思います。

あと少しで就職活動が始まるという人、気になっている会社について詳しく知りたいと思う人でインターシップを迷っている人はぜひインターシップに挑戦してみて下さい。