インターン経験者の声 産業技術短期大学校庄内校 栗田さん

インターンを希望したきっかけ

もともとwebページはどのようにして作られているか気になっていました。htmlという言語で作られているとは知っていましたが、高橋さんと原田さんの講義を通してwebページを作成して提供するニゴロデザインさんに興味が湧きインターシップを希望させて頂きました。

インターンで得たかったこと

webページはビジュアル、文章、文章のスタイル、ブラウザ上の動的な動き、適切な余白など様々な要素で構成されています。実際に学んでもどのようにして活かせばいいのか分からない状態でした。なのでどのようにして制作しているか。どういう点に特に気をつけているか。アイデアはどのように得ているかを知りたいと思っていました。

何をしたか?

htmlに限らず、企画を形にして実際にやってみることが「ものづくり」に大事だと思います。それをゲームを通して学ぶことが出来ました。

初対面の20代、30代、40代を対象とした婚活ゲームを作成しました。最初は人狼ゲームを作ったのですが、よりアレンジ要素を付け足してオリジナルのゲームにして欲しいとの指摘を受け、人狼ゲームの制作を止めよりオリジナル性のあるゲームを制作することにしました。新しく作ったゲームは干支ポーカーと言います。テストプレイでは皆さんから好評で作った僕達もとてもうれしく思いました。ですが、改善点も幾つか挙げられ周りの皆さんの意見や新しく思いついたアイデアでほとんどを改善することが出来ました。

最後に

ニゴロデザインさんのスタッフの塚形さん、青塚さん、赤尾さん、白崎さん、原田さん、高橋さん皆さんとても親切で、和やかな雰囲気の中インターシップをすることが出来ました。

オフィスも清潔感があり、時間ごとに音楽が流れたりと、とても働きやすい環境だと感じました。webデザインやwebデザイナーを志す方はインターシップ先にオススメです。5日間の研修となりましたが、ニゴロデザインの皆さんありがとうございました。