インターン経験者の声 公益大 菊池さん

インターンのきっかけと選んだ理由

私がインターンシップを受けようと思ったきっかけは、3月からの就職活動に向けて自己の社会人としての力を確認したかったからです。特に、今回の実習ではコミュニケーション力と創造力・企画力のスキルを身につけることを目標としました。

また、実習先をニゴロデザイン様に希望した理由として、私は今年度から大学の情報講義のティーチング・アシスタントを勤めており、その経験を通じて情報技術やインターネット等の関連知識の重要性を知りました。さらに、今後の社会ではより実践的な情報のスキルが必要とされると考えました。

そこで、情報関連の知識と理解を深め、実践的なスキルを身に付けたいと思い、ニゴロデザイン様でのインターンシップを希望しました。加えて、昨年度大学で行われたインターンシップ報告会において、高橋さんのお話や実際に実習に参加した学生の発表を聞いて、ニゴロデザイン様で実習を受けてみたいと思いました。

今回学んだこと

私は今回のインターンシップで、「物事を考える時はそれを多角的に捉えることが重要であること」を学びました。

今回、私は子どもが楽しめるゲームの制作と、このインターンシップ記事の作成に取り組みました。ゲームは、「酒田、庄内あるいは山形を題材にすること」と、「子どもでも楽しめることができる」の2つをテーマとして作りました。その結果、トランプゲームの神経衰弱を元にして、通常の神経衰弱のようにトランプの数字でカードを合わせるのではなく、山形の観光地の名前と画像で合わせるゲームを作りました。

このゲームを作る上で一番難しいと感じたのは、「子どもでも楽しむことができる」というテーマを実現することでした。ゲームを作る際に、自分の感覚だけでルールや道具を考えると、それは大人にとっては簡単に理解して上手く動かせるゲームも、子どもにとってはそのゲームの遊び方が分かりにくく楽しめません。

よって、何か物事を考えるときは制作者側の目線で考えるだけでなく、利用者の目線で考えることも大事であると思いました。そのために、日頃から広い視野を持って第三者の目線を意識することが必要だと改めて理解しました。

インターンシップの感想

私の今回のインターンシップの目標は、コミュニケーション力と創造力・企画力のスキルを身につけることでした。

前者については、初日こそ緊張しましたが2日目以降は気持ちを振り切って、自分から取引先のお客様に挨拶を行なったり、スタッフの方に質問したりするようにしました。すると、徐々に緊張感が和らいで楽に挨拶ができるようになりました。このような毛行け院を通して、実習以前の私コミュニケーション力に比べて前に進むことができたと思います。

後者については、ゲーム制作において先に述べた2つのテーマを実現するために、複数の案を自分の目線と第三者の目線で考え比較し、また、テストプレイを行なった結果を受けて修正や改善することを経験して、ものづくりの「楽しさ」と「難しさ」を強く実感しました。これらを通して、創造力・企画力に必要となる自分の第三者の目線の使い方を身につけることができたと思います。

ニゴロデザイン様でのインターンシップは、私にとって学ぶことがたくさんありました。今回の実習に当たり、お引き受けいただいた高橋さんをはじめ、ニゴロデザインの皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。5日間ありがとうございました。

これからインターンシップを考えている人へ

インターンシップを受けるにあたり、さまざまな点で悩んで決断できない方もいらっしゃると思います。

私も自分のコミュニケーション能力に自信がなく、しっかりと実習をやりきることができるか不安でした。しかしその心配は杞憂に終わりました。

ニゴロデザイン様のスタッフの皆さんは、私の質問に対して丁寧に答えくださり、また、試作したゲームのテストプレイのご協力をお願いした時も快く引き受けていただきました。私と同じ悩みを持っている方も、実習の最初は緊張するかもしれませんが、すぐにそのような緊張も無くなっていきます。よって、コミュニケーションの点で悩んでいる人は、ニゴロデザイン様でのインターンシップを強くお勧めします。

また、ニゴロデザイン様は酒田・庄内を中心にさまざまな業種の企業と取引をしています。1度のインターンシップで、これほど多くの業種に触れる機会がある企業さんは他にいらっしゃらないと思います。現在、企業にとって自社のホームページは商品の紹介や概要の説明、あるいは求人などのさまざまな情報を、広く世界中に伝えるために必要不可欠となっています。

ニゴロデザイン様のインターンシップでは、このような仕事を間近で見たり聞いたりすることができるので、興味がある人はぜひインターンシップを受けてみてください。

最後に、インターンシップは事前の準備やその後の報告などで苦労することもあるかもしれません。しかし、インターンシップは確実にそれらの苦労を上回る良い経験となるのでやってみましょう!!

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」とでますので、
「ホームページを見て電話しました」とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!