コト消費時代の講座に行ってきた報告

こんにちは、ニゴロデザインの高橋です。

先日、コワーキングスペースUNDERBARにて開催された、『コト消費時代における地域マイクロビジネスの可能性』というイベントに参加してきました。

コト消費とは体験を消費するということです。

ざっくり言うと、モノを買う消費ではなく、旅行・ワークショップ・レッスン・イベント参加などにお金を払う=消費に世の中がシフトしているいうことです。

欲しいものがないけど、やりたいことはある

JR企画のアンケートの結果によると、現代に生きる人の多くに「欲しいものはない」という人が多いそう。

その代わりに、「やってみたいことがある」「行ってみたい場所がある」「成長したい」というように、体験することに価値を見いだす人が増えているそうです。

みんな豊かな人生を送りたいということですね。

なので、人に何らかの体験を提供するビジネスをしている人も増えているし、それをアドバイスする人も増えているんです。

自分が誰かに何かを教えてお金を得ること

コト消費のビジネスとしてイメージしやすいのは、自分が誰かに何かを教えてお金を得ることです。

たとえば、個人の趣味としてやってきたものだったり、ただ好きでやってたら特技になったものがあるとします。

自分にとって当たり前のものだったのに、他人がそこに価値を見いだしてくれるというわけです。そして、それを提供することで稼ぐことができるわけです。

面白いと思いませんか?

個人が活躍する場は広がる

SNSでいつでも大勢の人と繋がることができたり、Youtubeで動画配信ができるので、個人がやっていることを知ってもらう機会はどんどん増えています。

知ってもらうことをきっかけにして、個人が活躍できる場はますます広がっていきます。

好きなことを突き詰めれば突き詰めるほど、知恵や技術はとんがっていきますよね。

それをしっかりとお金に換えることができれば、そこに費やした時間や手間がムダにならないんです。

その地域でトップレベルの存在になれば、月に数万円ぐらいはすぐに稼ぐことができるようになると思いますよ。

終身雇用が見直されている現在、今いる場所がずっと続く保証はないですよね。なので、いざというときのために、自分が他人にしてあげられることを伸ばしておくことはけっこう大事だと思うんです。

それに、一つの場所(=職場や仕事)にとらわれなくてよいと考えられたら、気持ちも楽になりませんか?

無理に始めることはないと思います

ただ、モノ消費がコト消費に移りつつあるからといって、無理にスタートすることはないと思います。

ぼくが言いたいのは、世の中にはあなたの趣味や得技を必要としている人がいるということ、そしてそれを提供すれば金に換えることができるということです。

なので、好きなことは思いっきり楽しむことがすごく大事なんだ!と、あらためて気づかされました。

好きなことだから苦にならないし、どんどん伸びますからね。

これからも、このブログに自分の考えを書いていきますので、興味をもってくださった方はぜひブックマークに入れておいてください。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」
とでますので、
「ホームページを見て電話しました」
とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせは
こちらからどうぞ!