穏やかな人間関係を保つためにやっていること

インターンシップが終わりました。日数は6日間でしたが、間に連休があったりしたので、もう少し長く感じました。

来てくれた学生さんには、インターンシップのことを記事にしてもらうようにお願いしていて、今回も書いてもらったんですが、ちょっと褒められすぎの感じがしました。うれしいですけど。

学生さんからの感想

廻立さんの感想畠山さんの感想

興味のある方は読んでみてください。(褒められすぎてますから)

もらった感想の中で、学生に伝わって良かったな~って思うのが、「会社が和気藹々(わきあいあい)としている」と感じてもらったところです。それが伝わっただけでも、しみじみとうれしいですね。

人間関係に気をもむのは少なくしたい

ぼくは、会社での人間関係を重視するタイプです。

いろんなところでいろんな人に言っていますが、スタッフはスキルよりも人柄重視です。いかに実力があっても、周りに気を配れない人を雇い続けることはできません。

人間関係重視の理由

それはもちろん、人間関係で疲れてしまうからです。

仕事を楽しくやっていくには、そこの人間関係がスムーズであることがとても大事。何かギクシャクしてると、簡単な相談ができなくなったり、他人の行動が気になったりして、仕事がうまく流れなくなりますよね。

そんなことに、事業主である自分が気をもむのは、いやなんです。

だからプレッシャーだってすごいんです

その分、社内をギクシャクしないように保つことはけっこう大変ですよ。

なるべく興味を持てる分野を担当してもらって、仕事が個人に集まりすぎないよう調整して、それなりに雑談で賑わいつつも仕事にも集中してもらって、お客さんにも納得してもらって・・・っていうのを維持しないといけないですから。

しかも、経営者として利益も出していかないといけない。プレッシャーもなかなかです。

5年前ぐらいに、ゲーム制作の現場を炎上させてしまって、スタッフに大迷惑をかけてしまったので、その反省から、穏やかな現場を維持したい!って強く考えるようになりました。

思い出すとつらいです・・・

スキルと人柄が両立する人を育てる

「仕事ができて人柄が良い人って、なかなかいないですよ」って思いますよね。そうなんですよ。

スキルもあって人間性が良い人は、すでに良いところで長く働いている可能性が高いです。なので、スキルと人間性を両立させるには、人柄の良い人に仕事を教えていくしかありません。

「育てるって、大変そう~」

でも、そこは心配いりません。

人間性が良い人って、仕事も上手に覚えていくんですよね、不思議なことに。たぶん、質問の仕方とか、教えてもらったときの感謝の表し方とか、そういうのにも人柄が出るんだと思います。

「教えたときに喜んでもらえてうれしい」が、「この人にはいろいろと教えたくなる」につながるんだと思います。

穏やかな人間関係を保つためにやっていること

社内に穏やかな雰囲気を作るためにやっていることですが、

  • 採用時に人柄を優先する
  • 一人に仕事や責任が集まらないようにする
  • 一人の仕事量にゆとりをもたせる
  • 家の事情での遅刻・早退は自由に
  • 仕事中に雑談で盛りあがってもらう
  • 適度に休憩しておやつを食べる
  • 有給がとれることをお互いに応援する

このようなことです。

たぶん、いきなりやってしまうと売り上げダウンする可能性は高いですけど、一人に仕事と責任が集まらないようにして、仕事量に少しだけゆとりをもたせるだけで、雰囲気はかなり変わると思います。

経営者の役目は仕組み作り

あとは経営者が、上手に効率化する仕組みを作っていけばいいんです。

ネット上には便利なサービスがたくさんありますから、そういうものを組み合わせて。

ぼくは経営のアドバイスなんてできませんが、効率化のアドバイスはできると思いますので、もし知りたいことがあれば気軽に相談してください。

会社に来ていただいても大丈夫です。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」
とでますので、
「ホームページを見て電話しました」
とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせは
こちらからどうぞ!