酒田・消防士自殺がYahoo!ニュースで取り上げられていた

こんにちは、山形県酒田市のニゴロデザインの高橋です。

出来事をあまりよく知らなかったのですが、ぼくの地元の消防士自殺のニュースが、Yahoo!ニュースに取り上げられていました。

<酒田・消防士自殺>市長がパワハラ否定

山形県酒田地区広域行政組合消防本部の男性消防士=当時(20)=が自殺したのはパワハラが原因だとして遺族が労災申請した問題で、組合管理者を務める丸山至酒田市長は2日の定例記者会見で、パワハラとの見方を否定した。
丸山市長は「人を助けるという消防の業務内容上、訓練は厳しかったと思う。ただ、厳しさとパワハラはイコールではない、というのが内部調査を受けての認識だ」と説明した。
その上で「私にも同世代の子どもがいて遺族の心情は理解できる。労災審査の結論を受け、今後の対応を決めたい」と述べた。
男性消防士は消防救助技術を競う大会にチームで出場する予定だったが、直前の2014年6月に山形県庄内町で自殺。消防本部は内部調査を行い、「パワハラやいじめは確認できない」と結論付けた。遺族側は15年2月に労災申請した。

ちょっと前の記事がこちら、遺族の方がパワハラで労災申請したというもの。

「パワハラ苦に自殺」消防士遺族が労災申請

酒田地区広域行政組合消防本部(山形県酒田市)に所属していた男性消防士=当時(21)=がパワハラを苦にして自殺したとして、遺族が地方公務員災害補償基金山形県支部に労災申請していたことが4日までに分かった。
消防本部などによると、男性は2014年6月2日、管内の山形県庄内町の河川敷で首をつった状態で見つかった。男性の車内に「迷惑を掛けてまで生きる価値はない」などと記された遺書があった。
男性は消防救助技術を競う全国大会の出場メンバーだった。遺族は、訓練中に指導役の上司から「お前は必要ない」「辞めてしまえ」などと暴言を浴びたことが原因と主張している。
消防本部は、14年8月に全職員を対象としたアンケートなどを実施し、同9月に「同僚や上司にパワハラがあったという認識はないなど、パワハラやいじめを確認できなかった」と結論付けた。遺族側は15年2月に労災申請した。
消防本部の土井寿信消防長は「若い命が失われたことは非常に残念。労災審査の結果を待ちつつ、新たな証言や証拠が見つかれば再調査も考える」と話した。

上司が言ったとされる、「お前は必要ない」「辞めてしまえ」という言葉は、今の時代にふさわしくありません。

そんな理不尽なことを言ってどうするの?って感じではないですか?

たぶん、理不尽というものに対して、昔は今よりも寛容だったんです。だから、その上司が言った言葉は、昔はOKだったのかもしれませんが、今は完全NGです。

 

今の時代は、どんなことも理由が求められるし、どんなことも理由が知りたい世の中です。

「社会って、こういうもの」っていう説明は、もう通用しません。

なので、「お前は必要ない」と言われたことについて、その理由(今回の場合は原因)を自分の中に探してしまって、「自分は必要ない」っていう結論になってしまったんじゃないかな?と。

亡くなられた方は、まだまだ人生これからなのに、気の毒です。

 

「注意しただけで『パワハラ』って言われたら、注意なんてできない」って思う上司はいると思いますけど、注意の仕方や言い方を、やはり時代に合わせて上司も学ばないといけないんですよ。

とくに、現場中心にやってきた人は、まともな上司になるために、学ばないといけないことはたくさんあるんです。

 

ぼく自身、会社を経営していてスタッフを雇用しているので、思った通りにいかないとき、スタッフに何かを言いたくなる場面はあります。

過去に言ってしまったことで大きなトラブルになったこともあります。言ってしまったらアウトなんです。

誰にもいいことありません。

 

「友達や家族が言われてみじめな気持になることは言わない」

それが今のぼくの基準です。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」
とでますので、
「ホームページを見て電話しました」
とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせは
こちらからどうぞ!