植物が枯れている会社は経営状況が悪い…その理由

こんにちは、ニゴロデザインの高橋です。

事務所を移転してから、観葉植物を置いたり、お祝いでいただいたりしたもので、社内には緑があって、いい雰囲気です。

こちらは、酒田市日の出町のロータスガーデンさんから、移転祝いで頂いたもので、食虫植物です。

自然界にこんな不思議な形の植物があるっていうのが、とっても面白いですし、社内でも存在感があります。

植物は世話をしないと調子を崩す

これらの植物たちが、数ヶ月後に枯れるようだと、きっと会社もよくないことになっていると思います。

植物って、物理的にも精神的にも余裕がないと、まともに育ってくれないんですよね。

物理的な余裕がなければ、

  • 水をやる時間がない
  • 肥料を買う時間がない
  • 枯れた部分を捨てる時間がない
  • 花屋さんにメンテナンスを頼む時間がない

そんなことで、手間をかけないので、元気に育ちません。

精神的な余裕がなければ、

  • 枯れた葉っぱに気づかない
  • 水をやるのを忘れてしまう
  • 肥料をやるのを忘れてしまう
  • 誰かが世話してくれると考えてしまう

そんなことで、植物をほったらかしにしてしまい、これまた元気に育ちません。

植物が枯れている会社は経営状況が悪い

『植物が枯れている会社は経営状況が悪い』

この言葉って、昔からぼくの頭の中にあります。

うちの会社を始めた頃は、ほんとに経営状態が悪くて、赤字続き(4年間)だったので、植物は育ちませんでした。

ひからびてたり、葉っぱが全部落ちてしまったり、気に入って買った植物たちが、気づくと枯れてるんですよね。

しかも、そんな鉢をお客さんに見られても、スタッフに見られても、恥ずかしいと思うゆとりもなかったです。

今は、スタッフが植物たちに気を配ってくれるし、ぼく自身もまめに世話をしています。

逆にスタッフが植物に手をかけなくなったり、ぼくが興味をなくしてしまってきたら、黄信号です。

忙しすぎるか、資金繰りに困っているか、そんな状況になっていると予想できます。

なので、今いる植物たちや、これから来る植物たちが、元気に育つことで、会社もちゃんと回っているんだなと、自分自身のバロメーターにしようと思っています。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」
とでますので、
「ホームページを見て電話しました」
とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせは
こちらからどうぞ!