事務所の照明を昼白色でもなく電球色でもない、温白色にしてみた

こんにちは、山形県酒田市のニゴロデザインの高橋です。

職場の照明って気にしたことはありますか?

昔から日本のオフィスでは、昼光色や昼白色が推奨されていたようです。

これらはどちらかというと、青白い光ですね。

人間には緊張感をもたらす色なので、仕事をするには良いとされきたようです。

ぼくの中では『職員室の照明』とイメージしています。

もう一つ有名なのが、電球色という光です。

オレンジ色の光でムードのある雰囲気にしてくれるので、飲食店なんかに向いています。

でも、白い紙が赤みがかって見えるので、一般的な事務作業には向かないように思います。

 

今日は移転先の事務所の蛍光灯を変えてみました。

採用した色は、昼光色でも昼白色でも電球色でもない、『温白色』という、昼白色と電球色の間にあるタイプです。

今は、照明は大きくわけて5タイプあります。

  • 昼光色(6500K)
  • 昼白色(5000K)
  • 白色(4200K)
  • 温白色(3500K)*
  • 電球色(2700K)

こんな感じで、K(ケルビン)という単位で表せます。

昼白色では白すぎるし、電球色では赤すぎるので、白色か温白色から選択しなければなりませんが、今回はより電球色寄りの温白色にしました。

 

それでは、実際に変更前と変更後を見てください。

デジカメのホワイトバランスを一緒にして、昼白色のときと、温白色のときを撮影しました。

※真ん中で輝いているのは電球色のペンダントライトです。

 

まずは、変更前、昼白色です。

これはこれでスッキリしていて、悪くありません。

実際に移転後1週間は違和感なく仕事ができました。

昼白色は人間を活動的にさせますね。

 

次に変更後、温白色の場合。

どうでしょうか?好みはあるかもしれませんが、温白色のほうが、暖かみを感じませんか?

うちの会社の雰囲気には、こちらのほうが合っているように思います。

ちょっと赤みがありすぎるかもしれないので、もしかすると『白色』でもよかったかもしれないですね。

 

もし、職場の雰囲気がちょっと暗いとか思ってる方、思い切って照明を暖かい方向の色に交換してみませんか?

簡単に、しかもガラっと雰囲気が変わりますよ。

 

おまけ。

蛍光灯を交換中に撮影してみました。左の列が温白色、右の列が昼白色の様子です。

色の違いがなんとなくわかりますか?

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」
とでますので、
「ホームページを見て電話しました」
とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせは
こちらからどうぞ!