自分より後から入ってきた新人のほうが給料が高い

こんにちは、山形県酒田市のニゴロデザインの高橋です。

優れた人を採用するために、求人情報に載せる給与額について、他社よりも高く設定することってありますよね。

でも、それがいきすぎると、現在働いている人よりも高い給料になってしまうこともあるようです。

 

そうなると、すでに働いている人からは不満が出ます。

  • なんで、新人より自分のほうが給料が低いんだ!
  • 自分が新人に仕事を教えてるのに、給料は新人が上!?
  • 後輩の給料額なんて、知らなきゃ良かった・・・

なんてことに。

 

もしかしたら、

  • 新人のポテンシャルを評価して、金額が高くなっている
  • 元からいた人の能力を、低いと評価している

会社側には、そんな理由があるのかもしれません。

 

でも、そういうことは、すでにいる人に説明しなければ伝わりません。

ただ、説明しても納得してもらえない可能性大です・・・。

すでにいる人たちからすれば、「自分たちが仕事を頑張ったから、新しい人を増やせたんじゃないの?」っていう思いもあるでしょうし。

仕事への意欲が落ちること間違いなしです。

 

そうなってしまったら解決するのは難しくて、人を増やす前に、会社側は評価制度を明確にするのが大事ですね。

社会保険労務士さんはそういうことの専門ですから、多くのトラブル事例をもとに、アドバイスをくれると思います。

 

うちでホームページを作った山形県酒田市の社会保険労務士さんは、

そういった相談に乗ってくれますので、紹介しておきます。

 

せっかく縁があって働いてくれるスタッフには、しっかりと明文化された納得感のある仕組みのもと、いきいきと仕事をしてもらいたいですね。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」とでますので、
「ホームページを見て電話しました」とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!