スタッフ同士のうまい組み合わせを作るために、有料の適性検査サービス『スカウター』をやってみた

こんにちは、山形県酒田市のニゴロデザインの高橋です。

もうすぐイラストのスタッフも増えることなので、なるべく早く、仕事をよい状態で回せるようにしたいです。

こないだのブログに書いたんですが、スタッフの適性検査の必要性を感じています。

適性検査をやろうと思った理由

仕事を楽しく長く続けてもらうためには、その人にあった仕事をやってもらわなければなりません。

価値観に合わない仕事を、合わない方法でやってもらえば、ストレスがたまり、体調をこわしたり、辞めてしまったりします。

 

どんなことに価値を感じて、どんなことが負担になるのか?

その人の性格や考え方を知る必要があります。

人が判断することの限界

スタッフと仲良くなって、よく話すようになれば、考え方はある程度分かってくるかもしれません。

でも、性格まではなかなか分からないものです。

我慢強くて、協調性のある人であれば、いやな仕事でも、楽しそうに振る舞って仕事できますよね。

「○○さんは、大変な仕事でも楽しくやってくれるね!」

と上司や事業主が喜んでいても、実際には負担が積み重なっている・・・

そして突然辞めてしまう、なんてことがおこります。

そういう出来事を少しでも防ぎたいと思って、客観的な性格診断サービスを探していました。

適性検査「スカウター」をやってみた

ネットをみていたところ、クラウドで簡単にできる、スカウターというサービスをみつけました。

一人800円から使えますので、さっそく申込みをして使ってみました。

スカウターを使うと、150の質問に答えるだけで、いろいろと診断してくれます。

  • 性格の傾向
  • 意欲の傾向
  • 思考力の傾向
  • ストレス耐性
  • 価値観の傾向
  • ネガティブ傾向
  • 職務適性
  • 戦闘力(笑)
  • 虚偽回答の傾向
  • 人物像や人材活用のコメント

とりあえず、試験的に自分の性格を調べてみました。

どんなかたちで評価が出るのか、興味がある人はこの先も読んでください。

性格の傾向

まずは、無意識の行動にあらわれやすい性格の特徴です。

わりと平均的なところに収まってますが、自分が思っているより、自分は行動的のようです。

自信過剰っていうのは、ちょっと当たってる気がします。

柔軟・協調的・気さく(おおざっぱ)というあたりも、周りから言われることが多いので合ってますね。

行動してから、後で後悔することが多いのも、慎重さが欠けてるからかもしれません。

意欲の傾向

次が、活動したい!っていう意欲の傾向について。

人を採用するときに、とても参考になるポイントですね。

これは自分でも驚いたのですが、ほとんどが平均以下。

「え、こんなに意欲がないの?自分・・・」

という感じです。

自分の意思で決めたことをに取り組む、自律欲求は、特に低いようです。

自律欲求は、自分の欲を抑えて、規律を守る生活がしたいという意味もあるようで、我慢が苦手っていう傾向なのかもしれません。

ダイエットも続かないですし。

思考力の傾向

高い方が良いという、思考力です。

直感で判断し、計画性がないようです。

サラリーマンを辞めて、フリーになったときも無計画でしたし、法人化したときも、たいした計画はありませんでした。

今もざっくりとした予測で会社を経営しているので、わりとその場しのぎなところもあるんですよね。

まあ、それでなんとかなってるのは、周りでサポートしてくれる人たちのおかげですね。

そのために平均以上の共感力があるのかもしれません。

ストレス耐性

いわずもがな、ストレスについてのタフさです。

まあ、平均的ですかね。

この結果が低いスタッフには、ストレスがたまっていないか、こまめなフォローが特に必要なんでしょうね。

価値観の傾向

自分でもウケてしまったのが価値観の傾向です。

価値観の傾向は、働くことのなかでも重きをおく部分です。

公共の利益に価値を感じない、自分の成長に価値を感じない、お金を稼ぐことに価値を感じない、生活の安定に価値を感じない。

人並みに価値を感じるのは、娯楽的な面白さ・・・という結果でした。

「面白ければ、あまり儲からなくてもかまわない」

っていう思いは常にどこか持っているので、それが表れたかたちだと思います。

「あまり儲からなくてもいいから、せめて面白くあってくれ」

っていう考えも持っていますが。

ネガティブ傾向

働く中でマイナスに働くのはどういう部分か?っていう診断。

要注意まで達しているのは、気分傾向。

自分は気分がのる・のらないで、仕事に影響が出やすいみたいです。

法を犯したりする可能性は低いみたいで安心しました。

職務適性

そして、どんな仕事に向いているか?の適性判断。

自分が思っているより、人と会うのが合っていると出ました。

あと、企画力や想像力が求められる仕事が好きなので、そのあたりの適性があると評価されて良かったです。

ただ、反復・継続的な職務や、注意深さが求められる職務は向いていないようです。

そのあたりは妻にサポートしてもらおうと思います。

戦闘力、虚偽回答の傾向

あまりよくわからないのが、戦闘力という項目でした。

主要な資質要素を掛け合わせた総合力を測定し、ビジネスにおける戦闘力の高さを表すそうです。

戦闘力が高いと、ビジネスで頼もしい存在になりますが、人との衝突を起こす場合もあるそうなので、一概に高ければいいとはいえないみたいですね。

自分の戦闘力は平均よりちょっと下でした。

虚偽回答はゼロということは、この検査で一貫性のある回答したということでしょう。

人物像や人材活用のコメント

最後に、ざっくりとした総評が出てきます。

結果の数値をもとにして出てきた自動生成の文章ですね。

まとめ

この適性検査をやってみて思ったのは、組織は人が大事だということはもちろんですが、人と人との組み合わせも大事だということです。

ミスがなくて反復業務が得意な優秀な人でも、人とのコミュニケーションがストレス要因になる人なら、その人に業務の窓口はやらせないほうがいいです。

顧客との窓口は、計画性があって協調的な人にやってもらい、お互いの良いところを生かしあう関係で組んでもらう。

 

以前仕事をしていたプロジェクトには、天才的なプロデュース力を持ってる人がいたんですが、スケジュールや予定の管理にはアバウトでした。

会議の予定がずれることもしばしば。

でも、その人に予定を管理したり、電話の取り次ぎをしてくれる秘書の方をつけたところ、全体がうまく回り始めたことを思い出しました。

 

自分の立場では、そういった部分が調整できるので、適性検査の結果も参考にスタッフと話し合いをしながら、いい組み合わせを見つけていきたいと思います。

「自社のスタッフの組み合わせを見直したいな」

と思ったら、スカウターのような適性検査をやってみるのもいいと思いますよ。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」
とでますので、
「ホームページを見て電話しました」
とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせは
こちらからどうぞ!