ホームページの更新記録をつけると後でとっても役立ちます!


ホームページを更新したら、ちょっと反応が良くなったかも!?って思うことはよくあります。でも、何をしたから反応が良くなったのか?検証できますか?

こんにちは、ニゴロデザインの高橋です。

ホームページから問い合わせや注文が入ったり、ホームページを見てきました!というお客さんが来店したり、ホームページの反応が上がると嬉しいですよね。

でも、反応があったからといって、ただ喜んでばかりではだめなんです。

なぜ、反応が上がったのか?

それをしっかりと検証しなければなりません。

更新内容と反応の関係

ホームページを更新したとき、追加したことや変更したことを、しっかりと記録に残していますか?

お問い合わせがあったときや、アクセスが増えたなあと感じたときなど、過去の更新記録を読み返してみると、更新内容と反応に関係が見つかります。

たとえば…

  • このページを追加したら、アクセスが増えた
  • このブログを書いたら、よく読まれた
  • キャッチコピーを変えたら、問い合わせが増えた

このようなことです。

更新したことで反応が変われば、次に打つ手の参考にすることができます。

更新記録はワードやエクセル、紙でもOK

更新記録はワードやエクセルに残してもいいですし、紙に書いておくだけでもいいです。

日付と更新内容を記録し、反応があったとき(もしくは、反応が減ったとき)日付と具体的な出来事を書きます。

当社では、次のようなメモを残しています。

こんな時系列のメモが、何年分も残っています。次に更新するときにとっても役立ちますよ!

まとめ

感覚だけで更新をするのでは、確率の低いシュートを何本も打つようなものです。

過去にやったこと・出た結果をしっかりと把握して、「こうすると、こうなる」をイメージしながら、ホームページを更新していきましょう。

↓酒田・鶴岡・庄内のブログはこちらからも↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 鶴岡情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 酒田情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

どうぞ、お気軽にお電話ください

「はい!ニゴロデザインです!」とでますので、
「ホームページを見て電話しました」とお話ください。
すぐに担当の者に代わります。

 0234-25-5313
お電話受付 10:30~18:00 土日祝定休

メールでのお問い合わせはこちらからどうぞ!